TAKEMOTO BLOG

June2014

「縁の家」に破風板が取り付けられました。

どっしりとした大屋根に、上品な形にカットされた破風板。

サイディング張りで、仕上げていきます。

 

 

 

 

 

 

そして、

2階の床下地張り工事も進んでいます。

 

 

 

 

 

床下地は、厚み28mmの実付構造用合板を使用しています。

柱かぎや長さの墨をつけ、

 

 

 

 

 

カット。

 

 

 

 

 

梁の芯墨を出し、

 

 

 

 

 

桁や梁にビス止めをし、頑丈に固定していきます。

この上から、杉の無垢板 厚さ30mmの床板を張っていくので、

床の厚さはなんと、58mmにもなります!

 

 

『五寸柱の家』の頑丈な木組みに加え、

こうした床下地工事や、

これから行われる壁筋交いの取り付け工事で、

耐震性がさらにアップしていきます!

 

 

 

いつも現場をきれいにしてくれていると、喜んで頂いています(*^^*)

 

 

 


2014年6月2日 19:13  CATEGORY : こんなお家も建てれます 縁の家  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)
2 / 212