TAKEMOTO BLOG

January2014

『ムーミン谷』のM様邸の煙突取り付け工事を行いました!

 

あらかじめ

レーザーで煙突の場所を印し、

煙突取り付けの下準備をしてから

 

 

屋根を開口していきます。

 

屋根の上に上り、

下から墨付けされた印をもとに

電気丸のこを使って

屋根を開口。

 

開口した部分は

しっかりと補強しています。

 

 

 

【開口後】

 

断熱二重煙突を

ルーフサポート(屋根を貫通させて煙突を屋外に出すとき、

NOVA断熱二重煙突を屋根に固定し荷重を支える金具。)

でしっかりと支えます。

 

 

 

水平器で煙突の垂直を確認してから、

 

 

 

梁に煙突を支える振れ止め部材のウォールバンドⅡを固定し、

煙突をしっかりと支えます。

 

 

 

ルーフサポートもウォールバンドⅡも

材質は全てステンレスです。

 

 

外から見える煙突部分は

黒く塗装された断熱二重煙突を。

煙突の継ぎ目をロッキングバンドでしっかりととめ、

さらにタッピングビスで継ぎ目を固定していきます。

 

煙突が取り付いたら、

煙道の仕舞い工事を行っていきます。

 

フラッシングとストームカラーの継ぎ目も

しっかりとコーキングしていきます。

 

 

 

 

ストームカラー(風雨や雪の影響を低減させる吹降り対策の金具。)・丸トップ

を取り付け、

フラッシングと屋根の接している四方をしっかりとコーキングして

 

 

 

 

煙突の取り付け工事が完了しました!

 

頑丈に取り付けられた煙突・煙道は、

揺すっても ビクともせず、

雨も一滴も入らないよう、雨仕舞い工事も、ばっちりです(^v^)