TAKEMOTO BLOG

December2013

仕事納め

ムーミン谷のM様邸の木材の切り組み。

 

 

残すは、柱(すべて五寸柱です!!)のみとなりました。

 

 

 

 

来年に行う上棟祭に向け、

柱の番付を行い、仕事納めとなりました。

 

 

 

 

番付の模様をご紹介します。

 

 

みんな違う顔をした五寸柱たちを

一本、一本 じっくりと見るため、一列に並べて、

 

 

 

 

 

木の表情や、背割りの位置などを見ながら、

どの場所に使うか、

一本、一本、丁寧に決めていきます。

 

 

 

 

 

 

そして、番付された五寸柱の角を丁寧に面取りし、

 

 

 

 

 

 

 

木組みの図面を見ながら、

番付された柱のホゾの向きや、高さなどをチェックして、

墨付けしていきます。

 

 

 

 

ムーミン谷のM様邸の五寸柱の番付・墨つけを終えると、

今年も一年、安全に仕事に取り組めたことに感謝しながら、

作業場と車の掃除をし、今年の仕事を納めました。

 

 

 

 

来月の中旬は、

ムーミン谷のM様邸の上棟祭です!!

 

 

 

来年もまた、より一層気合を入れて頑張ります!!!

 

 

今年も一年、ありがとうございました。

 

 

皆様、よいお年をお迎えください。

 


2013年12月30日 19:51  CATEGORY : こんなお家も建てれます ムーミン谷のM様邸  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

雪がちらついている今日この頃。

 

最近の我が家のキッチン事情はといいますと、

 

 

薪ストーブでコトコト煮込んだり・・・

 

 

 

 

 

 

炒めたり・・・

 

 

 

 

(薪ストーブでできた炭火入りの)火鉢で温めたり・・・♪

 

 

 

もっぱらアンコールくんが大活躍といったところです(^u^)♪

 

同じ味付けをしているはずなのに、

同じ手順で料理をしているはずなのに、

 

薪ストーブや炭火で料理をすると

やっぱり味が違うんですよね。。。

絶品料理になるんですよね。。。

 

我が家の隠し味は

薪ストーブくん&炭火くんです✿


先日の薪ストーブ夜ごはんは

”大根の和風カレー”☆

 

料理工程は

1、野菜をいためる

2、ルーを加えて煮込む

3、盛りつける

のみ(^u^)b

とっても簡単そうなので挑戦♪挑戦♪

 

 

①サラダ油をひいた鍋に切った玉ねぎを入れ、

しんなりするまでいためる。

次に、大根・にんじんも加え、大根が少し透き通るまでいためる。

 

 

 

②だし・酒・すりおろししょうがを入れ、フタをして煮込む。

 

 

 

フタをして約25分煮込む。

 

 

その間に

隣の焼きいも専用のお鍋で

さつまいももセットしちゃったりして

時間と薪ストーブを有効活用✿

 

 

 

 

大根とにんじんに火が通ったらフタをとり、

 

 

ルーとカツオ節を溶かし入れ、しょうゆを加えて少し煮込む。

 

 

 

③ごはんにルーをかけて盛りつける。

 

 

あっという間に完成~☆

 

 

大根やかつお節、だしやしょうゆを入れることで、

和風のカレーに変身♪

 

お試しあれ~(^v^)♪

 

昼に作ったこのカレー。

晩には大根が溶けていました。すごい!!

 


雨がしとしと降っている日。

雨ニモ負ケズ、

『ムーミン谷』のM様邸の配筋検査でした。

 

 

業者さんたちのおかげで

段取り良くスムーズに検査を行うことができました。

 

 

 

 

無事に検査も終わり、

次は

土間コンクリート工事に入ります。

 

 

その模様もまた、

ブログにアップしますのでお楽しみに♪


2013年12月27日 00:10  CATEGORY : こんなお家も建てれます ムーミン谷のM様邸  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

時が経つのは早いもので・・・

気づけばもう12月下旬。

 

年が明けると

『ムーミン谷』のM様邸の上棟祭が待っています(^v^)

それに向けて着々と作業が進んでおります。

 

 

 

 

 

木材の反りや節などを1本1本確認しながら、

木材をどこのどの場所でどの向きで使うかを考えた上で行われる

墨付け作業。

 

 

2回にわたり

2トントラックで運ばれてきた木材の墨付け作業が

完了し、

 

 

 

その墨に従って

只今、切り込み作業が行われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その切り込み作業もすでに終盤。

”建前”が見えてきはじめました✿

 

 

残りわずかな切り込み作業!

 

 

作業場から

今日も木材を切り込んでいく音が響いています(^v^)


2013年12月26日 10:33  CATEGORY : こんなお家も建てれます ムーミン谷のM様邸  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

火鉢でお餅(^u^)

夜ごはんを食べ終わり、

まったりとした時間が流れている時のこと。

 

薪ストーブでできた炭火を

火鉢へ・・・♪

 

 

もうそこまで来ているお正月。

少し早いけどお餅を焼いちゃいましょう(^u^)

 

やっぱり炭火で焼くと格別♡

 

さっ、

お正月休みまでの

残りわずかな日数

ファイトー★

オー★

 


2013年12月25日 15:12  CATEGORY : 囲炉裏・火鉢 日々の出来事 火のある生活  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

Merry Christmas…★

メリークリスマス★

 

皆様、どのようにお過ごしでしょうか?

家族と・・・

恋人と・・・

お友だちと・・・

薪ストーブと・・・

 

色んな一日をお過ごしのことと思います♪

 

 

 

 

12/24 クリスマス イブ。

我が家では、

薪ストーブの灯る暖かい部屋で

三女の治加が買ってきてくれた

クリスマスケーキをおいしく頂きました(^u^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな我が家に

今年、

サンタさんがやって来たのです。

 

サンタの名前は

Mサンタ♪

 

Mサンタさんが

竹本家に・・・と

考えて、考えて、考えて、

選んでくださり、

また、

しっかりと包装して

届けてくださったのは

思いもよらない

この子★

 

 

んっ???

えっ・・・・・

ええっ・・・

 

・・・

・・・・

 

えーーーーーーーーーー!!!!

ええええーーーーーーー!!!!!

わぁぁぁぁぁーーーーー\(◎o◎)/!!!!

きゃーーーーーーーー!!!!!

なんで!!?

えっ!!

なんで!!?

なんでーーーーー!!!!

by興奮し過ぎて感情が追いつかない汐里。

 

そう!

この子は

以前、

私(汐里)が一瞬で心を奪われたクイーン★

 

 

 

持ち主の方に

このクイーンの情報を

教えていただき、

ネットで調べるものの・・・

作者のデ・シモーネさんはすでにお亡くなりになっており、

(現在は娘様たちとお弟子さんたちが継承。)

同じ作品に出会うことができず・・・。

諦めきれずに

探すものの、やっぱり見つけることができなかったのです。

 

そんな一目惚れをしたクイーンが

我が家に居るなんて・・・

 

しかも

デ・シモーネさんの作品・デッサン集まで見ることができるなんて・・・♡

 

 

こんな日がくるとは

夢にも思っていませんでした。

 

 

Mサンタさん、

”竹本家が発展しますように・・・守り神的存在になればと”

”プレゼントは、自分が一番気に入っているものを。一番大切にしているものを。”

と選んでくださったようです。

 

 

感謝しても感謝しきれないMサンタさんの想いを聞き、

”花嫁さんになった時にこの子を連れていく—!”と意気込んでいた私ですが、

少しばかり冷静になり、

竹本家で見守っていただくことにしました。。。

 

いつでもクイーンが見られるように!と

私のスマートフォンの待ち受け画面に登録完了★

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ・・・

時間が経てば経つほど

汐里の頭の中は

”クイーンの双子ちゃんを紙粘土で作って

(仮)クイーンを竹本家に。

本物クイーンを私と一緒に・・・”

なんていう悪い考えが

駆け回っていますがね(ー▽ー)

むしろ、

そんなアイデアしか思い浮かびませんがね(ー▽ー)笑

 

 

DEAR Mサンタさん

 

Mサンタさんの心がこもったステキすぎるプレゼントを

ありがとうございました!!

感謝しても感謝しきれません。

 

おかげさまでよい一年となり、

また、クイーンちゃんと一緒に年を越せるようになりました。

 

Mサンタさん、今年もたくさんお世話になりました。

 

2014年も

Mサンタさんにとってよい一年となりますように・・・♪

 

FROM 竹本家

 


2013年12月24日 23:20  CATEGORY : 日々の出来事  COMMENTS : (2) - TRACKBACKS : (0)

ご紹介が随分遅くなってしまいましたが・・

今年の1月、

他社様で施工された薪ストーブの取り替え工事をさせて頂いた、S様邸。

 

 

 

以前使われていたビジラントと比べ、

お取り替えさせて頂いたアンコール エヴァーバーンは

薪ストーブクッキングが抜群に得意な薪ストーブ☆☆

 

 

しかし、お料理好きのS様が、

薪ストーブのトップで焼いたり、炒めたり、煮込んだり、

炉内でオーブン料理をしたり・・♪

と、薪ストーブクッキングを楽しむには、

炉台がすこし狭いだろうなぁ・・と、社長。。

 

 

 

 

思う存分楽しんでいただけるよう、

炉台を拡張しました(*^^*)

 

 

これで、料理の際に散った油や、

パチっとはねた火の粉が無垢の床につく心配もありませんし、

炉台が広いと、オーブン料理をするときも広々使え

何かと便利なのです(*^^*)/

 

 

 

炉台は広くなっても、

部屋が狭くなってしまうんじゃ・・と思われた方、

ご安心を・・(*^_^*)

 

 

 

 

薪ストーブを使わないシーズンオフは、

拡張した炉台を仕舞えるよう、

取り外し可能な可動式の炉台にしたのです(*^^*)!!

 

 

炉台の高さに合わせ、

タイルの裏に不燃材+フェルトを貼り付けているため、

取り外し可能なだけでなく、

ズラすときに、床にキズが入る心配もありません(*^。^*)

 

 

 

また、一枚一枚バラバラになるので、

並べて炉台を広げる以外にも、

トリベットとして使ったり、

観葉植物を置く受けとしてもお使いいただけます(*^_^*)

 

 

 

 

アンコール・エヴァーバーンがS様邸に嫁入りしてから、

早くも、2シーズン目に突入しました(*^^*)

 

 

今シーズンも活躍してくれていること、

間違いなし☆ですね(*^^*)

 


夕暮れ時のアンコールくん

毎日、家中ぽっかぽかに暖めてくれている、

我が家の薪ストーブ アンコールくん。

 

 

夕暮れ時、炉内にきれいな きれいな熾きを作ってくれていました。

 

 

 

 

 

 

火ばさみでつつくと・・

 

 

 

 

 

 

ひとたび神秘的な光を放ち、

「料理の準備が整ったよ☆」

と語りかけてきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

よ~し☆ 今夜のご飯は、オーブン料理だ!

 

 


前回、

薪ストーブクッキングでグラノ―ラを作った時に余った押麦。

余った押麦をどうクッキングしようかなぁと考え中でした。

 

つい先日、

ファイヤーサイドのHPを見ていると

マリー・デジャルダンさんの

「薪ストーブは私のキッチン」という薪ストーブクッキングのレシピ集に

おいしそうなクッキーが・・・♪

マリーさんはクッキーにオートミールを使っていたのですが、

私は押麦にかえて早速挑戦☆

(クッキーのレシピはこちらから☆

 

 

 

 

 

マリーさんのレシピ通りに分量を測り、

”溶かす”、”熱する”は我が家の薪ストーブくんにおまかせ!

 

 

火加減は、

”翌日の朝、ストーブを開けて、まだ少し熾き火が残っていたらベスト。”

ということだったので

前の日にオーブンで焼く前までの下準備を行いました(^^♪

 

そして当日の朝!

一晩寝かしたクッキーの生地を丸めてグリドルに並べ、

 

 

 

いざ熾き火が待っている薪ストーブくんの炉内へ・・・☆

 

 

この時、我が家の熾き火の温度は150℃を少し下回っている位。

朝残っていた熾き火で150℃!?え~それにしては温度が高すぎない??と

思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

はい。そうなんです。朝、残っていた熾き火ではないのです。

・・・クッキー作りをすると知らなかった父が

朝、誰よりも先に起き、薪ストーブに薪を入れていたのです・・・。

『朝一の薪ストーブお手入れは父の日課』ということを忘れていました(><。)

なので、朝残っていた熾き火ではなく、

父が入れた薪が熾き火になるのを待ってからのクッキー作りとなりました・・・。

 

 

(なので、マリーさんのレシピでは2~3時間でしたが、)

150℃弱スタートだと、

1時間ほどでクッキーの底が少し焦げるくらいでした。

 

 

表面が良い色になったのを確認して炉内から取り出しクッキー完成♪

マリーさんオススメ、牛乳と一緒にいただきました☆

 

 

何枚か底が少し焦げちゃったのが残念。

しかし、サクサクで香ばしいクッキーで我ながら上出来✿

焦げた部分は丁寧に取り除いて家族へ(笑)

きれいなクッキーたちは友だちへ♡

 

失敗しながら少しずつ火加減や温度、時間やタイミングが分かってくる薪ストーブクッキング!

奥が深くって楽し~~~い♪と毎回思う汐里でした(^u^)


1 / 212