TAKEMOTO BLOG

November2011

N様邸 その5 ~最終章~

~最終章~

カラー:マジョリカブラウン

 

 

薪ストーブ(デファイアント)を設置し、

火入れ式も終えた内子町のN様邸。

 
薪ストーブを設置して、まだ1週間ほどですが、

お魚を焼いてみたり、 焼き肉・焼き鳥を焼いてみたりと、

薪ストーブライフを楽しまれているようです♪

 

 

~その5~まで続いたN様邸薪ストーブ設置工事も

いよいよ、最終章を迎えました。
今回は、 デファイアントとお家の雰囲気に合わせてデザインした、

ムーミー手作りのカウンターテーブル取り付け&

2階の煙道カウンターと連結し、 化粧カウンターと化粧棚を取り付けます。
まずは、カウンターテーブルから。

炉台のタイル目地に合わせて設置。 きれいに納まりました。

カウンターテーブルに使用した この無垢板は、

当社で15年間、自然乾燥したものです。

天板と側板は 同じ一枚の無垢板から取っています。

 

 

 

早速、奥様が観葉植物を飾ってらっしゃいました。

よく合っていて、なんともかわいいです♥

 

 

 

続いて、2階の煙道カウンターと、化粧カウンター、化粧棚。

こちらもきれいに納まり、 仕上げの磨き上げ中。

 

 

 

ピカピカに磨き上げ、完成です。

 

カウンターと化粧棚の取り付けを終え、 N様から

「本当に良いように取り付けして頂いて、 予想以上です!」

と、 嬉しいお言葉を頂きました。ありがとうございます。
薪ストーブと お家の雰囲気に合わせてデザインした、

カウンターテーブルや化粧棚は、

手作り家具の製作も行っているムーミーだからこそ 実現しました。

 

薪ストーブをお考えの方、

薪ストーブにご興味のある方、

ぜひ一度、ムーミーに遊びにいらして下さい♥
建築・薪ストーブ・手作り家具と、 さまざまな知識を兼ね揃えているので、

いろんな方向から吟味し、 最高のものをご提案させていただきます。
※現場に出ていることがありますので、

ご連絡の上、お越しください。 お待ちしております。
N様ご家族さまへ

これから、本格的に寒くなり、

薪ストーブのデファイアント君が強い味方になりますね☆

今後も、しっかりサポートさせて頂きますので、

薪ストーブライフ、 存分に楽しまれてくださいね♪

 


薪窯

サイクリングやパラグライダー、

登山など、 本格アウトドアー派なH様ご家族。

 

 
なんと、 新居の庭に

薪窯(バーベキューコンロ)を 手作りされるそうです。

 

 
その下台を家の周りの犬走りと合わせて、

土間コンクリート工事を行いました。

(只今、乾燥中↓)

 

久万高原の穏やかな風景を眺めながら

薪窯でピザを焼いたり、バーベキューをしたり…最高です♪

 

 
完成したら、試食会に参加させてください♪


2011年11月28日 09:33  CATEGORY : 久万高原のあたたかい家  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

温かな灯り

とある日の、H様邸。

 

 

日も暮れ、

ぽつり、ぽつりと 周りの家に電気が灯り始めています。

 

H様邸に、温かい灯りが灯る日は、

もうすぐそこまで来ています。


2011年11月27日 09:30  CATEGORY : 久万高原のあたたかい家  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

犬走りと日本瓦

久万高原町のH様邸。

 

 
家の周りの犬走りに

ひび割れ防止のため

日本瓦を埋め込みました。

 

 
バーナー焼きされた五寸柱との相性も良く、

良い雰囲気に仕上がっています。

 

上記写真、 南側の犬走りの上には、

ウッドデッキも取り付けします。

 

 

仕上がったら、

ブログにアップしますので、 お楽しみに♪


2011年11月26日 09:27  CATEGORY : 久万高原のあたたかい家  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

バーナー焼き 丸太手すり

ジャーン!!!

 

 

久万高原のH様邸。

2階デッキの手すり 取り付け完了しました。

 

 

玄関ポーチの丸太に合わせて、

デッキの手すりもバーナー焼きを施し、

磨き込んだ 杉丸太を使用しています。

 

 

南に面しているので、

日当たりもよく、 ぽっかぽか。

 

 

山の向こう側へ落ちていく夕日も望めて、

まさにパワースポットです。

 

 

H様手作りの木製フェンスとの相性もばっちりで、

どんどん素敵に仕上がっています。


今日は、いよいよ待ちに待ったデファイアント取り付けの日です♪
白方板金さんと屋根の上へ上がり、

瓦を剥ぎ、屋根に穴を空けました。

1階の天井から、2階床、2階天井、屋根と、

まっすぐ貫通させています。

 

 

屋根の穴からは、 きれいな青空が覗いています。

 

 

 

煙道不燃材仕上げと断熱二重煙突取り付け。

 

 

 

台風などの強風や、地震などの揺れに備えて、

施工後に見えなくなる所も

ステンレスの専用金物でしっかり固定していきます。

 

 

 

屋根上もステンレス製の断熱二重煙突を取り付けしています。

日本瓦に良く合い美しく、頑丈に仕上がっています。

 

 

 

そして、いよいよ本体を運び込みます。

バラせる所はバラし軽量にして、

世界最大級の薪ストーブ 『デファイアント』を運搬していきます。

 

 

 

 

白方板金さんと一緒に取り付けた屋根上の煙突。

補強も雨仕舞いもばっちり納まりました。

 

 

 

ここから見える眺めはとてもよく、

煙突も喜んでいることでしょう。

 

 

 

いつの間にか 日も暮れてきて、

煙突が夕日に照らされてきれいに輝いています。

 

 

 

小さなお子様が遊んでいても安心なように、

二階は、 化粧板で煙道の囲いを作りました。

もちろん、ムーミー手作りです。

 

 

囲いに付属した右の空洞部分には、

後日、棚を二段取り付けます。

取り付けたら、またブログにアップします♪

 
今回は、薪ストーブの後ろに 手作りカウンターを設置するため、

口元の楕円スターターの後ろにも

「煙突ヒートシールド」を取り付けします。

 

 

 

 

きれいに取り付けを終え、

これから「火入れ式」です。

お酒と塩で薪ストーブをお清めし、

N様ご家族が安全に、

薪ストーブライフを楽しめるよう、

願いを込めて行います。

 

 

 

 

塩払い。

 

 

 

 

お清めを終え、 いよいよ待ちに待った火入れです♪

※慣らし焚きを行いながら、

正しい使い方や、注意点、 薪ストーブの楽しみ方など

じっくりお話させて頂いています。

 

※慣らし焚き とは

新しい薪ストーブを一気に高温で焚くと、

鋳物のひずみや破損の恐れがあります。

ストーブサーモメーターが 260℃以下の状態で

3~4回に分けて焚き、 温度の上昇と冷却を繰り返します。

 

 

これによって、

鋳物の接合部を馴染ませることができ、

耐久性も向上するのです。

 
ムーミーでは、 薪ストーブを安全に楽しく使って頂く為、

安全性を第一に考えた設計、施工を行い、

正しい使い方から、薪ストーブの楽しみ方、

アフターメンテナンスまで、

しっかりサポートさせて頂いています!

 

 

 

 

それから、 照明を消して、

薪ストーブの炎だけの明りを楽しみました。

 

 

 

三脚で固定しなかったのでブレてしまい、

きれいに撮影出来ていませんが、

実際はもっと、もっときれいで、 ムードがあります。

ムーミーの体験ハウスで 体験して頂くことが出来ますよ♪

薪ストーブも、無事、きれいに取り付いたので、

次は、デファイアントや家の雰囲気に合わせてデザインした、

ムーミー手作りのカウンターテーブルを取り付けします。
その模様もブログにアップしますので おたのしみに♪


薪ストーブの煙道

冬がとっても寒い久万高原。
温かい冬を過ごして頂くため、

H様邸には、

世界最大級の薪ストーブ『デファイアント』を取り付けします。
薪ストーブ設置に先行して、

外部煙突工事、内部煙道工事が完了しました。

1階から見上げて撮った写真↑ (天井パテ処理中)
当社では、 危険で効率の悪い、煙突の横引きは一切行っておらず、

直抜き施工のみ行っています。

 

 

薪ストーブを取り付ける前から、 すでに温かいH様邸。
薪ストーブ取り付けの日が待ち遠しいです。


配筋検査

松山市M様邸の配筋検査を行いました。

 

 

無事に検査も終わりましたので、

次は、土間コンクリート工事に入ります。

 

 
工事と並行して、

アンティークなドアやタイルなど 内装に関わる商品も決めています♪

 

 
随時、ブログにアップしますので、お楽しみに。


2011年11月17日 09:11  CATEGORY : 『だいすき♡』 宝箱のようなお家  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

薪ストーブの炉台(タイル)をきれいに貼り終えたN様邸。
薪ストーブ設置の前に、

当日、板金屋さんとの作業をスムーズに進めるため、

直抜き屋根瓦の墨出しチェックをしています。

 

 

薪ストーブの取り付け施工は、

(有)竹本建設が責任施工するため、 どんな家でもご安心ください。
『建築』と『薪ストーブ』のどちらの知識も兼ね揃えているので、

家の構造や薪ストーブの暖房効率、使い勝手など、

さまざまな方向から吟味して、

薪ストーブの機種や設置場所などをご提案しています。

 

 

朝晩がだいぶ肌寒くなってきた内子町。

薪ストーブの設置が楽しみです♪

 


炉台の汚れ防止のため、

先行して行った、 天井・床の穴あけ工事を終えた、 内子町のN様邸。

 
今度は、 薪ストーブ据え付けに先立って、 炉台タイル工事を行います。

 
タイルの割り付けを墨付け中。

 

 

 

この道のベテラン三木さんと、 ふたりでタイルの仮置き中。

 

 

 

炉台を半径900に墨付け中。

 

 

 

この墨をもとに、タイルをカットし、 貼りつけていきます。

 

 

 

 

タイル工事完了後の写真。

リビングの雰囲気に合わせて選んだタイルは、

とてもよく合い、 マジョリカブラウン色のデファイアントを設置するのが 楽しみです♪
次はいよいよ、薪ストーブを設置します!

お楽しみに♪


1 / 212