TAKEMOTO BLOG

September2011

もうすぐ、薪ストーブシーズン到来♪
ということで、 薪ストーブのメンテナンスをして回っています♪

 
今回は、

平成22年2月にバーモントキャスティングスの デファイアント(レッド)を

取り付け施工させて頂いたY様邸に行ってきました。

 
いつ行っても、薪が増え続けているY様邸。
昨シーズンは、 半年以上の間、 薪ストーブを使われていたのだとか。
晴天の秋空の下、 早速、メンテナンス開始♪

 
煙突を外し、

 

 

200Φの専用ブラシでススを落とします。

 

 

落としたススは、ビニール袋の中へ・・

使用量も多い為、どっさり。

 
煙突全てに、 NOVA SF 断熱二重煙突を使用してこのススの量なので、

シングル煙突なら、もっと多いことでしょう。

 
外した煙突や本体、パーツのススも落としていきます。

 

 

~メンテナンス前~

 

 

 

 

 

 

~メンテナンス中~

二次燃焼室のキャタリティックコンバスターを 慎重に取り外します。

 

 

取り外したキャタリティックコンバスターを清掃中。

 

 

 

~メンテナンス後~

 

 

 

 

 

メンテナンスを終えて、 さっぱりし 、

うれしそうに光り輝くデファイアント☆

今シーズンも、Y様邸をぽかぽかに暖めてあげてね♥


秋の雑貨

本日のムーミー ショールームの上空は、

快晴で気持ち良い秋の風が吹いています。

 

 

今日は、

ムーミーの秋雑貨を ご紹介しようと思います♪

 
まず一つ目は、

どんぐりのステンシルが かわいい小物入れ

(幅:直径8cm 高さ:7cmの手乗りサイズ)

 

 

くるっと回して 出し入れが出来るようになっています。

 

 

そして、こちらは どんぐりが散りばめられた小物入れ 。

(幅:28.5cm 奥行き:24cm 高さ:9.5cm)

単品で使ってよし、 重ねて使ってもよし の多機能ケースです。

(柄違いで多数ご用意しています。)

 

 

そして、お次は、 どんぐり柄の小物入れ

(幅:15cm 奥行き:20cm 高さ:5cm)

 

 

スライド式の蓋がついているので、

大切なものをしまっておくのもいいかも。

この他にも、家具から小物まで、いろいろご用意しています。
秋晴れの空の下、遊びに来てみませんか?


2011年9月23日 21:54  CATEGORY : 手作り家具  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

煙突取り付け工事

朝晩が肌寒くなり、

薪ストーブの季節がやってきました。
久万高原町のH様邸では、

雨仕舞いを良くする為、

薪ストーブの設置に先立ち、

煙突取り付け工事を行いました。

 

 

当社では、安全・安心な責任施工をしており、

きっちりとした図面を書き、

お客様にも同じ図面をお渡しして、施工しています。

 

 

H様邸は、久万高原町で積雪が多い為、

煙道の裏には、 雪が積りにくいように、

当社オリジナルの 雪避けを取り付けしました。

 

 

これによって積雪時の、

煙道にかかる負担が軽減できます。

 

 

屋根瓦のマウントグレイ色と、

煙突のブラック色で引き締まり、

かっこよく仕上がりました。

 

 

そして、 安全性を第一に考える当社は、

見えないところも、もちろん、 決して手を抜きません!
こちらは、煙道内の詳細図面です。

 

 

 

外部はガルバリウム鋼板で仕上げ、

厚み28mmの構造用合板2枚の間に、

38mm角の野縁を挟むことで空気層を取り、

内部は不燃材で仕上げ、 それらをビスで頑丈に留めています。

 

 

上記の煙道内部にFS煙突囲い内サポートを、

2か所取り付けています。

その理由は、

強風や地震の時など、

どの方向から煙突に力が加わってもビクともしないように、

取り付け施工するためです。

この他、薪ストーブについて、

もっと詳しく知りたい方は、 ご連絡の上、 お気軽にお越しくださいませ。


外壁工事

久万高原のH様邸では、

サッシとガラスが入り、

サイディングが張られています。

 

 

バーナー焼きされた五寸柱と、

ベージュのサイディングがよく合い、

古民家風に仕上がっています。

 

 

先日の午後。

稲刈りを終えた田んぼと 満開のコスモスが、

秋の西日を浴びて、美しく輝いていました。

 


2011年9月15日 21:38  CATEGORY : 久万高原のあたたかい家  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

ご契約日

昨日、9月13日(大安)は、

松山市のM様邸とのご契約日でした。

 

 
海外のアンティーク物が大好きなM様。

M様が経営されている美容室「nico-nachika」ニコナチカさん

この店舗は、M様が業者と一緒に造り上げられたそうです。

(いろんなものをエイジング加工しています。その出来栄えは まさにプロ!)

外観や内装の仕上がりもこだわっていて、とっても素敵なお店です。

ちなみに、長女・次女(設計アシスタント 彩乃)の行きつけの美容室です。

 

 

 
棟梁もアンティーク物に興味があり

約7年前に施工した当社の薪ストーブ体験ハウスには

ヨーロッパのアンティーク玄関ドア・ステンドグラス・チェアーなどを取り入れていますが

一般住宅での施工は「当社初の試み」となります。

 

 

 
でも、そこはバリバリ芸術肌の棟梁。燃えてます。
建物の耐震性・耐久性・安全性は基本中の基本。

そこをベースに、 長年の経験を生かして、Mさまと共に造り上げていきたいと思います。
さてさて 契約書サインの光景ですが・・・
「撮影するならば・・・」とベストを着用されるとってもおしゃれなMさま。

絵になるな~。まさに芸術の秋の風景にぴったり。

余談ですが、ちょっと「瑛太似」のMさまです。

瑛太さん、真剣なまなざし!!

 

 

 

そして、こちらM様からいただきました。

『今日のこのよき日に、いや~実にめでたい』  大漁です。

とってもおいしかったです。ありがとうございます!

 

あちらこちらの建設会社を回られ、

最終的にわが社を選んでいただけたこと 大変光栄に思います。

ありがとうございます。

この「メデたい焼き」のように、

わが社は 中身がぎっしり詰まり充実している会社だと自負しております。
Mさまのご期待に沿えるようにがんばります。
「ふつつか者ですが、どうぞ末永くよろしくお願いいたします。」

お嫁に行く訳じゃ~あるまいに・・笑


2011年9月14日 21:25  CATEGORY : 『だいすき♡』 宝箱のようなお家  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

久万高原の寒さに備えて

朝晩が肌寒くなり、

いろんなところで秋を感じるようになりましたね。

 

 

久万高原町のH様邸では、各所工事が進んでいます。

 

 
サッシ枠取付完了。

 

 

 

屋根との断熱材「スタイロフォーム」取付完了。

スタイロフォームは、断熱性が高く、

冬場の寒さにも、夏場の暑さにも有効です。

 

 

壁の断熱材「グラスウール」を取付中。

 

 

その上から、透湿防水シートを張っていきます。

 

 

去年、極度の冷え込みで、

多くの建物で水道管が破裂したという、久万高原町。

水道工事の田中さん、配管に熱線を巻いています。

 

 

電気工事の宮尾さん、配線工事中。

今後も工事の模様を随時アップしていきます。

お楽しみに。


2011年9月6日 21:21  CATEGORY : 久万高原のあたたかい家  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

秋空の下で。

久万高原町では、 さわやかな秋空の下、

外部・内部共に着々と工事が進んでおります。

 

 

 

 

バーナー焼きされた五寸柱は、

いつ見ても、 何度見ても、 美しく、

日に日に美しさを増しているように見えます。

 

 

 

かっこいい雨樋も取り付けられました。

 

 

丈夫なステンレスの吊り金物で、

雨樋を取り付けています。

強風雨や地震、積雪などにもビクともしません。

普段、見えない場所ですが、

見えないところほど、

きっちりした工事をするようにしています。

 

 

外観もシャープですっきり納まりました。

今後の進行状況もブログにアップしていきますので、

お楽しみに♪

 


2011年9月5日 22:21  CATEGORY : 久万高原のあたたかい家  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)