TAKEMOTO BLOG

June2011

土台・大引き刻み

6月22日(水)から

久万高原町 H様邸の大工工事が開始致しました。

 
本日、6月25日(土)は、

作業場で、土台・大引きの刻みをしております。

 

当社の木材の加工は、 プレカットではなく、

当社の大工職人が、

木材を一本一本、選別しながら、 墨つけをしていき、

すべて手刻みで加工しています。

 
手刻みで加工した木材は、

プレカットとは違い、 木材を組むときに、スルッと入ることはありません。
掛矢(かけや=堅い木で作られた大型の木槌)で

しっかりと打ち込んでいくので、

木材と木材がかっちりと組み合い、強度が増します。

 

木材、一本一本の性格を見極め、

金づちや、のみ、

場所によっては、木工機械を使い、

道具を使い分けながら、刻んでいます。

 

ひのき材の土台・大引きを刻んでいると、

ひのき独特の香りが作業場を包み込みます。
土台・大引きの刻みが終わると、

次は、特大の桁や母屋、棟木の一本木(12mを超える一本木)などの 墨つけ、刻みが始まるので、

その模様もまた、ブログにアップしていきますので、お楽しみに♪

 


2011年6月25日 14:00  CATEGORY : 久万高原のあたたかい家  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)