TAKEMOTO BLOG

February2011

手作り照明 No.4,5

今回は、

アーチ型照明と照明付ワインラックを

ふたつまとめてご紹介したいと思います。

 

 

 

昼間、

ワインラックの照明に灯りを灯すと、

このように木のぬくもりが感じられ、やわらかい印象に・・

 

 

 

そして、

日が沈み、

外がだんだん更けてくると・・

バーのような雰囲気に 。

 

 

 

そして、

外が真っ暗になり、

アーチ型照明にも灯りを灯すと・・

何色もの電球が光り輝き、とても幻想的です。

 

 

ムーミーでは、

一般住宅や店舗など、

場所や用途に合わせた、 オーダーメイドの照明器具も製作致しております。
他にも多数展示してありますので、 お気軽にお越し下さい ませ^^

 


2011年2月28日 11:57  CATEGORY : 手作り家具  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

大切な灰

薪ストーブを使うとでてくる 『灰』
薪ストーブの灰を取り除くとき、

すべての灰をきれいに取り除かずに、

下の写真のように、 灰をある程度残しておいて下さい。

 

 

こうすることで、 灰が断熱材の役目をし、

薪ストーブの寿命を伸ばすことにも繋がります。
また、熾き火は、

灰があることで、 長時間燃え続けることができます。

 

 

そして、取り除いた灰を畑にまきましょう。
灰は、リンとカルシウム、酸化カルシウムを含んでおり、

土をアルカリ性に変えてくれる効果があるので、

畑の肥料として活躍してくれます。

 

 

種をまく前に一度、

成長期に一度と二度にわけて与えると 効果的です。
※ジャガイモやイチゴなど、

酸性の土を好む植物に与えると、 逆効果なのでご注意ください。

 
「薪ストーブで、薪を燃やし、できた灰を土に帰す」
自然のサイクルに沿った、 とても良い行為です。
ぜひ、お試しあれ 。

 


2011年2月27日 11:49  CATEGORY : 我が家のアンコールくん 火のある生活 薪ストーブのいろいろ  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

手作り照明 No.3

ワインのコルクや きれいなビー玉をあしらった、

スタンド式照明器具。

 

 

ドーナツ型の木材が、 幻想的な光を演出してくれます。

 
使用している電球は、

No.2と同じ、 チューブ型のフィラメント電球です。

 

 


2011年2月26日 11:47  CATEGORY : 手作り家具  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

手作り照明 No.2

バーナー焼きし、磨き込み、

美しい木目を浮き立たせた手作り照明。

 

 

暗闇をほんのりとやわらかい光で照らし、

見る人の心をほっと和ませてくれます。

 

 

後ろの衝立も、

杉の一枚板をバーナー焼きして、 木目を浮かび上がらせています。
使用している電球は、

長さ305mmのチューブ型フィラメント電球です。

 


2011年2月25日 11:44  CATEGORY : 手作り家具  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

手作り照明 No.1

ムーミーでは、 照明器具の製作もしています。

 
今日は、展示品のひとつをご紹介したいと思います。
下記の照明器具は、

天然杉の一枚板と五寸柱を使って、

バーナー焼き+自然塗料で仕上げています。

 

電球を換えるだけで、部屋の雰囲気も変えることができますよ♪

 

 

 

 

 

季節や大切なご家族の記念日にあわせて、

電球を取り換えてみるのもいいですね♪

 


2011年2月23日 11:35  CATEGORY : 手作り家具  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

薪ストーブで

さつまいもとウインナーときのこのグラタンを焼いてみました♪

 

熾き火の状態になった、 220℃の薪ストーブに入れて・・

 
ドアを閉め、待つこと、3分。

 

 
グツグツしながら、 こ~んがり焼き色がついていい感じ♪

 

 

 

オーブントースターで焼いたら10分程かかるグラタン。

薪ストーブで焼くと、たったの3分で焼き上がりました♪

ぜひ、お試しあれ♥

 


2011年2月20日 09:59  CATEGORY : 我が家のアンコールくん 火のある生活 薪ストーブクッキング  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

 

『いいものを長く使って頂きたい』

 

それが、ムーミーの願いです。

 

 

今回は、グレンスフォシュの斧をご紹介します。

 

 

スウェーデン製グレンスフォシュの斧は、

斧の頭に、 その斧を作り上げた職人のイニシャルが刻まれています。

それは、職人一人ひとりが一本の斧を

責任を持って作り上げているからこそできる刻印です。

さまざまな用途に応じて、

作りだされてきたグレンスフォシュの斧は、

人間工学的な特殊設計や、 細やかな配慮が施されており、

安心してしっかりと柄を握ることができます。

 

 

大切な斧を愛情を込めて、手入れができるように、

グレンスフォシュはヤスリにもこだわっています。

ダイヤモンドシャープナーという名のこのヤスリは、

粒子の粗さが異なるダイヤモンド砥粒を裏表の二面に施されています。

かかりがよく、軽いタッチで斧刃を研ぐことができ、

刃こぼれした斧でも難なく研ぐことができる優れものです。

このダイヤモンドシャープナーは、 とっても使いやすく、

本革ケース付きで、とってもお洒落です。

 

(上記の商品は、

  FIRESIDE HEARTH COLLECTION2010~2011

   のカタログP68~P75に掲載。)
この他にも、薪ストーブの楽しいアクセサリー用品は、 まだまだあります。

詳しく知りたい方は、こちらをクリックしてください。

 


2011年2月18日 09:47  CATEGORY : 火のある生活 薪ストーブのいろいろ  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

特注土台水切り

今回は、バーナー焼きされた化粧材をすべて見せるため、

市販の土台水切りは使用できないので、 特注の土台水切りを使用します。

 
今日は、白方板金の白方さんと、

その土台水切りについて打ち合わせをしました。

 

 

雨仕舞や土台下の空気の流れなどを考え、

水切りの幅や角度などを綿密に決めています。

 

当社では、各職人さんの豊富な経験のもと、

現場でいろいろなアイデアなどを出しながら

綿密な打ち合わせをすることで、

それぞれの工事の完成度を 少しでもアップできるように各職人が努力しています。

 
当社特注土台水切り工事の模様もアップしますので、 お楽しみに♪

 

 


2011年2月15日 11:32  CATEGORY : 屋上庭園~家が最高の遊び場~  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

チェーンソー実演講習

家の完成に向けて、

薪ストーブの燃料となる薪をどんどん集められているY様^^

 
「チェーンソーも使ってみたい!」 ということで、

先日の薪割り実演講習に引き続き、

チェーンソー実演講習を行いました。

 
一歩間違うと、大けがになりかねないチェーンソーですが、

正しい使い方を知っていれば、 安全にたのしく木を切る道具にもなります。

 
使い方や注意点などを説明しながら、 実際に体験して頂きました。

 
今回は、 先日Y様が集めてこられた木を使っての講習です。

 

 

まずは、社長がチェーンソーの種類や特徴を説明していきます。

下の写真はエンジンチェーンソーです。

 

 

下の写真は、電動チェーンソーです。

 

 

チェーンソーの説明を終え、

早速、社長が電動チェーンソーを使って実演講習です。

 

 

思わぬケガから体を守る頼もしい道具、

「グレンスフォシュ チェーンソーチャップス」を着用。

カタログ「FIRESIDE HEARTH COLLECTION2010~2011」P75掲載。
社長が見守るなか、

まずは電動チェーンソーを使って、 細い木でY様挑戦!

 

 

コツを掴んできたようなので、

エンジンチェーンソーを使って、 少し太めの木にも挑戦^^!

Yさま、チェーンソー検定も合格です^^☆

 
この後も引き続き、

Y様と社長の二人で集められた木を全部切り、

Y様は「たのしい♪たのしい♪」の連発でした^^♪

 

 

割れにくい大きな木でも、

チェーンソーで、切れ目を入れて、

その切れ目に楔(くさび)を打ち込むことで

簡単に木を割ることができます。

 

大量の木を一日で切ってしまうと、 ケガのもとです。

体調に合わせて、無理なく、 安全に楽しまれてくださいね^^

 


木漏れ日のような、

やわらかな光を放つ間接照明 「ECOGLASS」

 

住む環境、住み心地の提案にこだわり続けるムーミーが、

自信をもっておすすめする照明です。
ほとんどの器具に調光を付け、材料はなるべく自然素材を・・

 

 

爽やかな活動の朝、

穏やかな休息の夜、

光をもっと生活に合わせたいという思いで造られました。

 

 

もっとECOGLASSについて知りたい方は、 こちらをクリックしてください。


2011年2月12日 09:33  CATEGORY : 火のある生活 薪ストーブのいろいろ  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)
1 / 212