TAKEMOTO BLOG

玄関庇の垂木を・・・

今日は、松山市『わ』の家の

玄関庇の垂木を加工しました。

 

 

 

 

 

「焼き加減は、 “ウェルダン”!!」と、棟梁。

大きなバーナーで、じ~っくり丁寧に炙っていきます。

 

 

 

 

 

棟梁が炙った垂木を、

2種類のブラシを使って、磨き上げます。

 

 

 

 

 

こちらが、じ~っくりと焼き上げられた垂木。

 

 

 

 

 

これを、まずは、亀の子たわしで磨き、煤を落とします。

垂木にキズがつかないように、木目に沿って丁寧に行います。

 

 

 

 

 

つづいて、

亀の子たわしでは、落としきれなかった部分を

真鍮ブラシで丁寧落としていきます。

 

 

 

 

 

最後の仕上げは、ウエスで磨き上げます。

 

 

 

 

 

これを、一本、一本、丁寧に、

愛情を込めて行いました。

 

 

趣ある玄関庇に、仕上げていきます。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントフィード

トラックバックURL: http://takemoto-kensetsu.com/%e7%ab%b9%e6%9c%ac%e5%bb%ba%e8%a8%ad%e3%81%ae%e3%81%93%e3%81%a0%e3%82%8f%e3%82%8a%e3%81%a8%e8%a9%a6%e3%81%bf/%e7%8e%84%e9%96%a2%e5%ba%87%e3%81%ae%e5%9e%82%e6%9c%a8%e3%82%92%e3%83%bb%e3%83%bb%e3%83%bb/trackback/