TAKEMOTO BLOG

土台の継ぎ手について

下記写真の土台の継ぎ手をご覧ください。

 

写真のように柱やアンカーボルトがくる位置を男木(おぎ)にすると、

女木(めぎ)の木材は、この場所の継ぎ手で浮き上がることはありません。


しかし、これを逆にして、

女木の方に柱やアンカーボルトがあり、

男木に柱もアンカーボルトもない場合は、

月日が経つと、 男木の継ぎ手が浮き上がる事があります。

 
当社は、上記のことから、

土台の上に建ち上がる柱の位置やアンカーボルトの位置などを見ながら、

土台の継ぎ手の男木、女木を決めています。

 

このようなことは、

国が決めた躯体検査の内容には含まれていませんが、

非常に大切なことです。

 

 

下記写真のように、

ホールダウン金物が取り付けられる柱の位置に土台の継ぎ手がくる場合も、

上記と同じように、柱やホールダウン金物を取り付ける土台を必ず男木にします。

ほんの少しのことですが、

当社は、こういった細かな部分まで気を配り、

丁寧に施工しております。

 

※上記の男木(おぎ)、女木(めぎ)は、

この辺りの職人さんは男木のことをおんぎ、又はおんた、

女木のことをめんぎ、又はめんたと言うこともあります。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントフィード

トラックバックURL: http://takemoto-kensetsu.com/%e7%ab%b9%e6%9c%ac%e5%bb%ba%e8%a8%ad%e3%81%ae%e3%81%93%e3%81%a0%e3%82%8f%e3%82%8a%e3%81%a8%e8%a9%a6%e3%81%bf/%e5%9c%9f%e5%8f%b0%e3%81%ae%e7%b6%99%e3%81%8e%e6%89%8b%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6/trackback/