TAKEMOTO BLOG

去年、新築工事をさせていただき、

バーモントキャスティングスの

アンコール エヴァーバーン(クラシックブラック)を 取付施工させて頂いた

今治市のY様邸。

 

 

2シーズン目に突入する前の、 メンテナンスを行いました✩

掃除&保守点検をしながら、 使用状況を読み取り、

今シーズン、より良い使い方ができるよう、

アドバイスをさせてもらっています✩

 

 

~メンテナンス前~

 

 

 

 

屋上に上がり、 煙突の保守点検をしながら、

煙道内部のススやタールを

専用ブラシ(まずはワイヤーブラシ)にて、

除去していきます。

 

 

 

ワイヤーブラシが下まで貫通しました。

 

 

ワイヤーブラシの次は、 樹脂性のブラシで仕上げ。

 

 

樹脂性のブラシも下まで貫通しました。

『直抜き断熱二重煙突』に加え、 使用状況もよかったので、

煙突内のススは少量で、 さらさらでした✩

 

 

ススを除去した煙突。

シングル煙突とは違い、 パウダー状のススなので、

ブラシで掃除しただけでこんなにきれいになります✩

 

 

外では、外された薪ストーブ部材の掃除をしながら、保守点検。

 

 

外された室内煙突の内部。

細かい粒子のサラサラパウダー状のススが若干付いていました。

先程と同様、ブラシで除去していきます。

 

 

薪ストーブ本体もきれいに掃除しながら、 保守点検していきます。

 

 

掃除・保守点検が終わったら、

クラシックブラック専用補修磨き剤(ストーブポリッシュ)

で 磨き上げ、仕上げていきます✩

 

 

そして、きれいに掃除し点検を終えた、

屋上の煙突を 元通り、取り付けます。

 

 

そして、 「昨シーズンの灰を捨てちゃった!」

とのことで、 ムーミーから持ってきた灰を炉内にまいていきます。

 

 

こうやって灰をある程度敷いておくことで、

炉内の痛みを防ぎ、 熾き火を長持ちさせてくれるのです✩

 

 

~メンテナンス後のアンコール・エヴァーバーン~

 

 

渋みのある、深い光沢が出て、美しく蘇りました✩

 

 

今年も、Y様の家をぽかぽかに温め、

ご家族を楽しませてあげてね~♡

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントフィード

トラックバックURL: http://takemoto-kensetsu.com/%e7%81%ab%e3%81%ae%e3%81%82%e3%82%8b%e7%94%9f%e6%b4%bb/%ef%bd%99%e6%a7%98%e9%82%b8%ef%bc%88%e4%bb%8a%e6%b2%bb%e5%b8%82%ef%bc%89%e8%96%aa%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%96%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%8a%e3%83%b3%e3%82%b9-3/trackback/