TAKEMOTO BLOG

去年、

アンコールエヴァ―バーン(クラシックブラック)を

取り付けさせていただいたF様邸の

薪ストーブメンテナンスを行いました。

 

クッキンググリドルの上で

薪ストーブクッキングを楽しまれていた形跡が♪

嬉しい限りです(^u^)

 

 

【メンテナンス前】

 

 

今年も薪ストーブクッキングが楽しめるよう、

メンテナンス開始です!

 

 

【メンテナンス後】

 

 

 

 

 

薪ストーブの

バラした部品(本体、煙突)は

外できれいに磨いていきます。

 

 

【メンテナンス前】

 

 

 

【メンテナンス後】

 

 

 

 

 

【メンテナンス前】

 

 

 

【メンテナンス後】

 

 

 

 

 

 

屋根に上がり、

煙突の保守点検をしながら

煙道内部のススやタールを 専用ブラシにて、

除去していきます。

 

ナイロン袋がサラサラなススをキャッチ。

 

 

室内では

灰取り専用の掃除機で本体のススや灰をきれいに吸い取り、

炉内のサビは鉄・真鍮ブラシできれいに落としていきます。

ストーブポリッシュ(クラシックブラック専用補修磨きペースト)を塗りこみ、

再度磨きこんでいきます。

 

また、グレート、灰受け皿、(本体の)灰受け皿設置部分も

きれいに磨きこみ、

その後、オリーブオイルで再度磨きこんでいます。

 

ファイバーロープの剥がれている箇所は、

鋳物とファイバーロープを接着させる専用の接着剤を使って

元通りにしていきます。

 

 

 

【ファイバーロープ接着後】

 

メンテナンス後、

部品たちを元通りに取り付け、

メンテナンス完了!!

 

 

 

 

 

メンテナンス後、
お客様のご要望にお応えして、
オーブンプレートを設置しました☆

オーブンプレートとは、

”炉内に設置するだけで灰受け皿がオーブンに変身する”

という優れ物!!

 

オーブンプレートの詳細はこちら♪

 

 

オーブンプレートを敷くには、

炉内の灰掃除をする必要があります。

なので、メンテナンス完了後、

お客様のご要望にお応えし、

オーブンプレートも一緒に敷きました(^v^)

 

 

すぐに使っていただけるよう、

約3cm程の灰を敷きつめて完了です☆

 

 

今シーズンは、

クッキンググリドル、炉内、灰受け皿での料理が可能に♪

薪ストーブクッキングをさらにご堪能くださいませ♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントフィード

トラックバックURL: http://takemoto-kensetsu.com/%e7%81%ab%e3%81%ae%e3%81%82%e3%82%8b%e7%94%9f%e6%b4%bb/%ef%bd%86%e6%a7%98%e9%82%b8%ef%bc%88%e8%a5%bf%e4%ba%88%e5%b8%82%ef%bc%89%e3%80%80%e8%96%aa%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%96%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%8a%e3%83%b3%e3%82%b9/trackback/