TAKEMOTO BLOG

薪ストーブ取り付け工事後。

西条市のK様邸の火入れ式を行いました。

 

早速、火入れ式開始!

 

 

「安全に薪ストーブを楽しめますように」

と願いを込めながら、 二礼 二拍手 一礼。

 

 

 

そして、塩払いでお清め。

 

 

 

その後、

火入れをして慣らし焚きを行っていきます。

 

 

 

※「慣らし焚き」とは・・

 

新しい薪ストーブを一気に高温で焚くと、

鋳物のひずみや破損の恐れがありますので、

ストーブサーモメーターが 260℃以下の状態で

3~4回に分けて焚き、温度の上昇と冷却を繰り返します。

 

これによって、 鋳物の接合部を馴染ませることができ、

耐久性も向上します。

 

当社では、 この慣らし焚きを

時間をかけて、 きっちり行っています。

 

 

 

 

 

着火してからわずか30秒たらずで

炎が焚きつけ用の細い木材を包み込みます♪

 

 

 

照明OFF♪

優しい焔の明かりが空間を包み込みます。

 

 

 

その都度、薪ストーブの使用方法をお伝えしながら

2回目、3回目と慣らし焚きを繰り返していきます。

 

施主様もアンコールくんをパシャリ✩

 

 

寒~い冬、アンコールくん、大活躍間違いなしです✩

 

 

温かくておいしい、薪ストーブライフをご堪能くださいませ♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントフィード

トラックバックURL: http://takemoto-kensetsu.com/%e7%81%ab%e3%81%ae%e3%81%82%e3%82%8b%e7%94%9f%e6%b4%bb/%e8%a5%bf%e6%9d%a1%e5%b8%82%e3%80%80k%e6%a7%98%e9%82%b8%e3%80%80%ef%bd%9e%e7%81%ab%e5%85%a5%e3%82%8c%e5%bc%8f%ef%bd%9e/trackback/