TAKEMOTO BLOG

只今、リフォーム工事を行われている、

西予市宇和町のF様邸へ、

バーモントキャスティングスの

アンコール エヴァーバーン(クラシックブラック)

を取り付けさせていただきました。

 

 

その工事模様をご紹介します✻

 

 

まず、レーザーで位置出しをし、

 

 

 

 

天井に墨出しをして、

 

 

 

 

丁寧に天井に穴を開けていきます。

 

 

 

 

屋根の上では、墨出しをし、

 

 

 

 

コロニアル瓦を丁寧に剥いでいきます。

 

 

 

 

 

剥ぎ終えたら、屋根も穴あけをしていきます。

 

 

 

 

穴が空いたら、

穴あけをした、天井・屋根を頑丈に補強し、

専用金物でNOVA SF 断熱二重煙突をしっかり固定していきます。

 

 

 

 

 

屋根から上の煙突も取り付け完了。

 

 

 

 

雨仕舞いもばっちりです!!

 

 

 

 

のどかな風景にとても良く合っています✻

 

 

 

 

 

いよいよ、薪ストーブ本体が運び込まれます!

キズつけないよう、慎重に運搬します。

 

 

 

 

部屋に運び込んだら、

薪ストーブ本体とNOVA SF 断熱二重煙突を接続し、

遮熱板やウォーミングシェルフ等を取り付けして、完了。

 

 

 

 

今回、F様邸では、平屋で煙突の長さが短いため、

通常、煙突の径Φ150を使用することろ、

一回り大きな、Φ200のNOVA SF 断熱二重煙突を使用しました。

専用の金物でしっかり固定されたNOVA SF 断熱二重煙突は、

ビクともしません!!

 

 

 

 

まだまだ朝晩冷え込む、宇和町。

早速、お使い頂けるように、火入れ式を行いました。

 

「安全に薪ストーブを楽しめますように」

と願いを込めながら、 二礼 二拍手 一礼。

 

 

 

 

 

塩払いでお清め。

 

 

 

 

 

そして、火入れをし、

慣らし焚きを行っていきます。

 

 

 

※「慣らし焚き」とは・・

 

新しい薪ストーブを一気に高温で焚くと、

鋳物のひずみや破損の恐れがありますので、

ストーブサーモメーターが 260℃以下の状態で

3~4回に分けて焚き、温度の上昇と冷却を繰り返します。

 

これによって、 鋳物の接合部を馴染ませることができ、

耐久性も向上します。

 

当社では、 この慣らし焚きを

時間をかけて、 きっちり行っています。

 

 

 

 

慣らし焚きを行いながら、

薪ストーブの正しい使い方から注意点、

薪ストーブの楽しみ方など、

じ~っくりお話させていただきました。

 

 

 

 

扉を開き、ファイヤースクリーンをつけると、

ぱち、ぱち、と薪のはぜる音を聴きながら、

ゆら ゆら 揺らめく美しい炎を

暖炉形式で楽しむことができます♪

 

 

 

 

この薪ストーブくんが主役だという、お花見はいかがだったでしょうか(*^^*)

 

 

今後も、しっかりサポートさせて頂きますので、

薪ストーブライフを存分に楽しまれてくださいね♪

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://takemoto-kensetsu.com/%e7%81%ab%e3%81%ae%e3%81%82%e3%82%8b%e7%94%9f%e6%b4%bb/%e8%a5%bf%e4%ba%88%e5%b8%82-%ef%bd%86%e6%a7%98%e9%82%b8-%e8%96%aa%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%96%e8%a8%ad%e7%bd%ae%e5%b7%a5%e4%ba%8b/trackback/