TAKEMOTO BLOG

バーモントキャスティングスの薪ストーブ

アンコール エヴァーバーン(カラー:マジョリカブラウン)

を設置させて頂く、愛媛県 東温市のH様邸。

 

 

今日は、いよいよ薪ストーブ設置工事の日です♪

 

 

工事の様子を詳しくご紹介します。

 

 

 

まず、白方板金さんと棟梁が一緒に屋根に上がり、瓦を剥いでいきます。

棟に近い場所に煙突が通るので、丁寧に棟瓦も剥ぎました。

棟瓦を剥いでの工事は難しいことですが、

竹本建設&ムーミーは、

家づくりと薪ストーブの両方の知識を兼ね揃えているので、

安心してお任せして頂けます。

 

 

頑丈に補強した煙道に、

専用金物で煙突をしっかり固定していきます。

煙突はもちろん、すべてNOVA SF 断熱二重煙突を使用しています。

 

 

1F天井近くにも、専用金物でしっかり煙突を固定。

 

 

頑丈に固定し、ビクとも動かない断熱二重煙突。

 

 

点検・メンテナンスができるように、

煙道に点検口スペースを設けています。

 

 

 

続いて、本体と煙突を接続し、

ウォーミングシェルフや遮熱盤などを丁寧に取り付けていきます。

 

その後ろでは、三木さんが、残りの炉壁タイル貼り工事中。

先日タイル貼り工事を行いましたが、

専用ボンドが予想以上に要り、足りなくなってしまったので

今日 残りのタイル貼りをしました。

 

 

 

そして、薪ストーブ設置工事完了✩

 

 

棟瓦も元通りきれいに戻し、

雨仕舞い工事もバッチリです✩

 

 

 

薪ストーブ設置工事が無事終わったので、

棟梁、三木さんのタイル貼りのお手伝い。

 

 

ついに、きれいに貼り上がりました✻

既設の食器棚をうまく活用して、

いい感じに仕上がりました。

 

 

薪ストーブ側は、貴重面なご主人さまのご希望で

規則正しく並べた貼り方で仕上げ、

 

 

台所側は、ランダムな感じがお好きな奥様にと、

ラフな感じでランダムに仕上げました✻

この無垢の一枚板は、当社で約10年間 自然乾燥したものです。

化学物質に敏感な奥様のため、

乳液で磨き込んで仕上げました。

 

 

もともと、この棚の上には家電製品が並べられていましたが、

奥様「こんなに素敵に仕上げてもらったので、

家電製品は別のところに置いて、

この一枚板を毎日、磨いてあげようと思います♥」と嬉しいお言葉をいただきました。

 

これから、月日を経て、

いい飴色に変わってゆくことでしょう✻

 

 

すべての工事が完了したので、

このあと、引き続き、火入れ式を行います。

 

つづく


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントフィード

トラックバックURL: http://takemoto-kensetsu.com/%e7%81%ab%e3%81%ae%e3%81%82%e3%82%8b%e7%94%9f%e6%b4%bb/%e6%9d%b1%e6%b8%a9%e5%b8%82%ef%bd%88%e6%a7%98%e9%82%b8%e3%80%80%e8%96%aa%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%96%e8%a8%ad%e7%bd%ae%e5%b7%a5%e4%ba%8b%ef%bd%9eno-4%ef%bd%9e/trackback/