TAKEMOTO BLOG

斧と薪

平成22年2月に

バーモントキャスティングスの デファイアント(レッド)

を 取り付け施工させて頂いた松山市Y様邸。

 

先日、Y様から、

「斧の楔が飛んでしまいました。」 との連絡がありました。
その斧は、

スウェーデン斧の名品「グレンスフォシュ」の斧で(写真の左端)

大径木用の大きな「薪割り鎚」です。

 

 

ムーミーでは、

この斧を自信を持ってお奨めしてしており、

このような例は今までありませんでした。

 

すぐに、ファイヤーサイドに確認すると、

薪割りをかなりされている方で、

楔が緩み、 自分で修理した人がいると聞きました。
当社も初めてのことなので、

実際にその斧を見てみて当社が修理しようと思い、

Y様邸に行き、斧を見せてもらいました。
写真の通り、木の楔と鉄の楔がなくなっていました。

 

 

 

なぜ、このようになったのか、

辺りを見渡すと、

「びっくり!!!」

あの広かった庭が半分以上、 薪に埋め尽くされていました!

(当社のお客様の中でも、No.1の薪保有者です☆)

こちらがその写真です。

 

 

 

この写真の薪は、約半分ほどです。 (多すぎて写真におさまりませんでした。)
この薪の量を見て、納得!

すでに2~3年分の薪は確保され、

斧の修理が終わると、 これからまた、たくさん薪割りをされるそうです!
前置きが長くなりましたが、 早速斧の修理をしていきましょう。
①まずは、木の楔を打ち込みます。

 

 

 

②堅い平らな石の上でコンコン・・

きっちり入れ込みます。

 

 

 

④そして、最後に鉄の楔を打ち込み、

こちらもきっちり入れ込んで、修理完了です 。

 

 

今回、修理に使った木の楔と鉄の楔は、

ファイヤーサイドより無償で送って頂きました。
当社も今回の修理で、いい勉強をさせて頂きました。
薪がなくなった時は、Y様邸に買いに行きます☆

よろしくお願いします。

 

 


コメント

  • yas より:

    こんにちは Y です。

    先日は斧の修理にお越しいただき、ありがとうございました。

    薪割りをしていて、楔がとんだのに気がついたときは、本当に焦りました・・・

    近所の方からいただいたクヌギを玉切りした大玉がとても堅くて、なかなか割れないので何度もたたいている内に、楔がとんだようです。

    枝は斧の一振りで気持ち良く割れるので、とても気持ちよくて楽しいです。

    集めて転がしたままの丸太を、GW中には全部割ってしまいたい処ですが

    はたして出来るかどうか・・・

    今後ともよろしくお願いします。

  • ムーミー より:

    yas様

    こんにちは。
    コメントありがとうございます。

    クヌギの大玉おいしそうですね~^^
    赤いデファイアントが大きく口を開けて、
    嬉しそうに待っている光景が思い浮かびます^^

    yas様邸に嫁入りに出したデファイアントは、
    とても幸せ者だと思います☆

    今年のメンテナンス、
    とても楽しみにしています♪
    また、ご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントフィード

トラックバックURL: http://takemoto-kensetsu.com/%e7%81%ab%e3%81%ae%e3%81%82%e3%82%8b%e7%94%9f%e6%b4%bb/%e6%96%a7%e3%81%a8%e8%96%aa/trackback/