TAKEMOTO BLOG

上棟祭~その四~

無事、棟木納めを終え、 いよいよ祭儀です。
当社(有)竹本建設では、

日本の良き伝統を受け継ぎ、 きちんとした祭儀を行っています。
これから、祭儀と餅まきの模様をアップしますので、 ご覧下さい。

 

 

 

職人と施主様ご家族が祭儀用の長いはっぴに着替え、

祭壇の前に並びました。

いよいよ祭儀の始まりです。

 

 

御幣(ごへい)を持ち、

祭壇に向かって、

左、右、左、 左、右、左。

 

 

塩水を南天の葉で、

左、右、左、 左、右、左。

と、祭壇と参列者を清めます。

 

 

祭壇に向かって、

祝詞(のりと)と しゃくを持ち、二礼。

 

 

祝詞としゃくを置き、祝詞を読む。

 

 

祝詞を読み上げる棟梁。

(この祝詞は、伊豫稲荷神社の神主 星野暢廣さんに特別に書いて頂いた祝詞です。)

 

 

祭壇にお供えしていた四方がためのお餅を

北東、南東、南西、北西の順に、まいていきます。

 

 

御幣を持ち、

左、右、左、

左、右、左。

 

 

親族の代表者Y様と参列者全員によって、

祭壇に向かって、

二礼、二拍手、一礼。

 

 

施主Y様の、乾杯の音頭にて、乾杯!

 

 

祭儀を終え、 いよいよ餅まきです。

 

 

お餅もお菓子もかなりあり、

まく側もまきがいがあります。

 

 

まく側も拾う側も大忙し(^^)

 

 

空から降って来るお菓子に、大興奮の子どもたち(^^)

 

 

施主様も、とても嬉しそうに餅まきに参加されていました。

 

 

これを拾った人は、

家が建てられるという言い伝えのある祝い餅。

施主Y様と長男K君と棟梁によって、投げられます。

 

 

のぼりのところに見えるのが、 祝い餅です。

誰が取り上げるのか、楽しみです♪

 

 

当社の宝船の旗の絵のように、

みなさん、大漁のようでした(^^)

 

今回の上棟祭も無事、終えることが出来ました。
ご準備して頂いたY様ご家族、

上棟祭に来てくださった大勢の方々、

応援に来てくださった職人さんたち、

撮影担当で来て頂いたMさん、

大変お疲れ様でした。

 
そして、誠にありがとうございました。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントフィード

トラックバックURL: http://takemoto-kensetsu.com/%e4%b8%8a%e6%a3%9f%e7%a5%ad/%e4%b8%8a%e6%a3%9f%e7%a5%ad%ef%bd%9e%e3%81%9d%e3%81%ae%e5%9b%9b%ef%bd%9e/trackback/