TAKEMOTO BLOG

ピザ窯 KABUTO(カブト)

充実した時間にしようと試行錯誤を繰り返しながら、おうち時間にも慣れてきた今日この頃^^

今回は庭でピザ窯 KABUTO(カブト)を楽しみました。

(前回当社で楽しんだKABUTOのブログはこちら☆

 

我が家は

各脚と燃焼ボックス下、蓋を開けた際、蓋の取っ手の下に来る場所にレンガを用意しました。

(KABUTO本体のオーブン手前に蓋を掛けたまま開けるとフラット状態になります。

・・・その状態の写真がなくすみません。)

 

 

ピザ生地レシピ (大雑把な私、クックパッドを少しアレンジしてます^^;)

材料 (直径約20センチ4枚分)
・強力粉     200g
・薄力粉     50g
・砂糖      20g
・塩       3g
・ドライイースト 5g
・水       145~150g
・オリーブオイル 20g
①ボウルに材料全てを入れ、ボウルの中で生地をまとめる。(ドライイーストと塩は離して入れる)
②粉っぽさが無くなってきたら台に生地を置き、滑らかになるまで捏ねる。
③4等分して綺麗に丸める。ラップをかけて乾燥防止して温かい場所で10~15分放置する。

 

④約20cmの丸に伸ばしていく。

娘たちにお手伝いをしてもらいました。

 

あらかじめ準備しておいたピザソースや具をトッピング!

 

その間に私と主人交代でKABUTOの火の番を。

ピザのトッピングがまだ終わってなかったので、

先に作っておいたバスクチーズケーキを投入。

(この順番がのちに後悔に変わるなんて、この時はまだ知る由もなかった・・・。)

 

 

さてさて、その悲しい出来事は最後にして、

ピザの準備が整い、いざ窯の中へ♪

 

 

じゅ~っと美味しい音を立てながら焼きあがりました^^

 

マルゲリータ2枚

 

 

照り焼きチキン(食べかけですみません^^;)

 

 

庭で採れた大葉のジェノベーゼ

 

どの味もとてもとても美味しく、大人も子どもも大満足でした☆

・・・そう、バスクチーズケーキ以外は。-_-;

 

 

効率の良さを考え、先にバスクチーズケーキを窯に入れると判断したのは私。

窯に入れたのも私。

その時、「俺、火の番するわ!」と立候補したのは主人。

チーズケーキの様子を確認することなく、律儀に火の番だけしてくれていたのも主人。

誰も悪くないんです。

でも、、、はい、、、まる焦げになりました^^;

 

主人「チーズケーキの焼き時間言ってくれんと分からんわぁ」と。

(いやいや・・・時間言ってなくてもちょこちょこ様子を確認してくれてもよくない!?)・・・とは思いますが(笑)

確かに目安や様子確認をきちんとお願いしてなかった私にも非がある!次はうまくやろう!

そんなこんなで焦げていない中の方を美味しく頂きました^^

娘にも好評で、懲りずにまた挑戦しようと思います☆

 

 


2020年5月25日 13:50  CATEGORY : こんなお家も建てれます 喜の家 日々の出来事  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントフィード

トラックバックURL: http://takemoto-kensetsu.com/%e3%81%93%e3%82%93%e3%81%aa%e3%81%8a%e5%ae%b6%e3%82%82%e5%bb%ba%e3%81%a6%e3%82%8c%e3%81%be%e3%81%99/%e3%83%94%e3%82%b6%e7%aa%af%e3%80%80kabuto%ef%bc%88%e3%82%ab%e3%83%96%e3%83%88%ef%bc%89/trackback/

 | トップ |