TAKEMOTO BLOG

『なごみの家』 ~地鎮祭~

伊予市で新たな現場が始まりました。

名付けて 「なごみの家」

 

 

子育て世代のお施主様ご家族。

当社の地震に強い五寸柱の家の木組みなら

幼い子供たちと安心して暮らせるし、

目に見えないところも丁寧な仕事をしてくれると感じた。

と、当社に依頼してくださいました。

 

 

これから始まる、楽しい家づくり♪

そのお家で、ご家族仲良く、

くつろぎ、おだやかに、楽しく暮らしてほしいという願いを込めて、

「なごみの家」と命名しました(*^^*)

 

 

 

そんな「なごみの家」

3月吉日に

地鎮祭が行われました。

 

今回の地鎮祭は、

当社が昔からお世話になっている、

伊豫稲荷神社さんによって行われました。

 

「これから、どうぞよろしくお願いします。」

と、土地にご挨拶をしながら、準備をていねいに行っていきます。

 

 

地鎮祭は、建築工事に先立ち、

土地の神さまに家を建てることを報告し、

ご家族の安全と、 工事の安全を祈る儀式です。
近頃は、 こういった日本ならではの 伝統儀式が簡略化されていますが、

当社では、 地鎮祭や上棟祭など、

古くから伝わる、日本の伝統文化を大切にしています。

 

 

~地鎮祭開始~

修祓之儀(しゅうふつのぎ)

祭壇のお供え・建築主・参会者をお祓いします。

 

 

 

 

 

 

祝詞奏上(のりとそうじょう)

神への建築の報告と、安全を願って祝詞をあげます。

 

 

 

 

 

四方祓いの儀(しほうはらいのぎ)

米・塩・お神酒を敷地に撒きます。

 

 

 

 

 

 

 

穿初之儀(うがちぞめのぎ) 鎮物埋納之儀(しずめものまいのうのぎ)

K様は鍬(くわ)を、

棟梁は鋤(すき)を持って、 土を掘る所作を3度行い、

神宮は鎮物を埋めます。

 

 

 

今回は、娘さまも行いました(*^^*)

 

 

 

 

 

 

 

玉串奉奠(たまぐしほうてん)

サカキの小枝に紙垂(しで)をつけたものを捧げ、拝礼します。

 

 

 

 

 

 

地鎮祭、終了!

 

これから、工事の模様もブログでご紹介していきますので、

お楽しみに(*^^*)

 


2018年2月26日 18:05  CATEGORY : なごみの家  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントフィード

トラックバックURL: http://takemoto-kensetsu.com/%e3%81%93%e3%82%93%e3%81%aa%e3%81%8a%e5%ae%b6%e3%82%82%e5%bb%ba%e3%81%a6%e3%82%8c%e3%81%be%e3%81%99/%e3%81%aa%e3%81%94%e3%81%bf%e3%81%ae%e5%ae%b6/%e3%80%8e%e3%81%aa%e3%81%94%e3%81%bf%e3%81%ae%e5%ae%b6%e3%80%8f-%ef%bd%9e%e5%9c%b0%e9%8e%ae%e7%a5%ad%ef%bd%9e/trackback/