TAKEMOTO BLOG

『思い出の家』

退職を機に、伊予市のご実家に帰って来られるM様ご夫妻。

家族の思い出がたくさん詰まったお家です。

 

 

道路の高さが上がったことで、

大雨の日に、お家の中に雨水が溜まり、

ポンプで外へ汲み出さなくてはならなかったり、

建物の老朽化もあり、

老後をゆったりと過ごすため、お家を建て替えたいとご依頼いただきました。

 

 

ここで、お母様と3人で新たな暮らしが始まります。

 

 

 

 

そのお家の名前を、お施主様自ら命名してくれました。

 

 

その名も、

「思い出の家」

 

以下、施主様のお言葉です。

 

~郡中の家は、祖父母が建て、約80年間を頑張ってくれました。

母は、亡くなった父とともに、子ども、孫、曽孫と、30名余りの家族を見守ってきました。

古い家はなくなりましたが、母が大切にした思い出を、新しい家に残します。

また、私は、岡山で就職しました。妻と出会い、40年の月日を岡山で過ごしました。

色々なことがありました。懐かしい思い出を持って帰りたいと思っています。

そして、子どもや孫たちは、郡中に帰省した思い出を、きっと大切にしてくれるでしょう。

母と妻と三人、できるだけ長生きをして、これからもたくさんの思い出を残したいと思っています。

平凡な言葉ですけど、このような気持ちで、テーマを決めました。

どうぞよろしくお願いします。~

 

 

 

 

建て替え工事に先立ち、

お施主様がご用意された伊豫稲荷神社さんの

御神酒とお塩、麻で丁寧にお清めをしました。

 

 

 

 

家の周りと、建物内も隅々に行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お施主様が家を出られた時から、そのまま時が止まった子供部屋。

当時のままのお部屋と、それからの長い月日を想うと、ジーンときます。

 

 

建て替えたお家で、

安心して、快適に暮らしていただけるよう、頑張ります!

 

 

これから、工事の模様もブログでご紹介させて頂きますので、

お楽しみに♪

 


2018年12月10日 17:44  CATEGORY : 『思い出の家』 こんなお家も建てれます  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントフィード

トラックバックURL: http://takemoto-kensetsu.com/%e3%81%93%e3%82%93%e3%81%aa%e3%81%8a%e5%ae%b6%e3%82%82%e5%bb%ba%e3%81%a6%e3%82%8c%e3%81%be%e3%81%99/%e3%80%8e%e6%80%9d%e3%81%84%e5%87%ba%e3%81%ae%e5%ae%b6%e3%80%8f/trackback/