TAKEMOTO BLOG

松山市北条の『変化を楽しむ家』

 

 

現在、土台・大引きの墨付けを終え、

刻みに入っています。

 

 

当社の木材加工に、プレカットは一切使用しておらず、

当社の大工職人が、

木材を一本一本、選別しながら、 墨つけをし、

すべて手刻みで加工していきます。

 

 

木材、一本一本の性格を見極め、

金づちや、のみ、

場所によって、木工機械を使って、

道具を使い分けながら、刻んでいます。

 

 

手刻みで加工した木材は、

プレカットとは違い、 木材を組むときに、スルッと入ることはありません。
掛矢(かけや=堅い木で作られた大型の木槌)で

しっかりと打ち込んでいくので、

木材と木材がかっちりと組み合い、強度が増すのです。

 

 

施工面だけをみると、工場生産のプレカットの方が楽で簡単です。

ですが、頑丈な家を建て、大地震から大切なご家族を守るために、

手間がかかっても、絶対に譲れない当社のこだわりのひとつです。

 

 

ひのき材の土台・大引きを刻んでいると、

ひのきの良い香りが作業場を包み込みます。

 

 

土台・大引きの刻みが終わると、

次は、桁や母屋、棟木の一本木などの 墨つけ、刻みが始まります。

その模様もまた、ご紹介させていただきますので、お楽しみに♪

 


2020年9月24日 13:42  CATEGORY : こんなお家も建てれます 『変化を楽しむ家』  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://takemoto-kensetsu.com/%e3%81%93%e3%82%93%e3%81%aa%e3%81%8a%e5%ae%b6%e3%82%82%e5%bb%ba%e3%81%a6%e3%82%8c%e3%81%be%e3%81%99/%e3%80%8e%e5%a4%89%e5%8c%96%e3%82%92%e6%a5%bd%e3%81%97%e3%82%80%e5%ae%b6%e3%80%8f%ef%bd%9e%e5%9c%9f%e5%8f%b0%e5%a4%a7%e5%bc%95%e3%81%8d%e5%88%bb%e3%81%bf%ef%bd%9e/trackback/