TAKEMOTO BLOG

『わ』の家 丁張り工事

今日は、

松山市『わ』の家の丁張り工事を行いました。

 

 

家の基礎と平行に

丁張りの木杭を家の隅々に打ち込んでいきます。

 

 

 

 

木杭を基礎と平行に打ち込むために

隅々の木杭に地縄をはっていきます。

 

 

 

 

しょうせん(鉄の棒)を鉄のハンマーで

水貫の継ぎ手の芯に地縄に沿って打ちこんでいきます。

この木杭が基礎と平行でなければ、

基礎の寸法に狂いが生じてしまうので、

とても大事な作業です。

 

 

 

 

レベル器で水貫の天場の墨を木杭につけていきます。

 

 

 

 

水貫を木杭に取り付けていきます。

 

 

 

 

丁張りの狂いをなくすために

筋交い貫をビス止めしていきます。

 

 

 

 

 

水貫に基礎の墨出しや、番付をしていきます。

 

 

 

 

 

当社の筋交い貫は、

数も多く、ビスでしっかり固定しているので、

丁張りもビクともしません。

 

 

 

 

丁張り工事の長さは、

北~南 25m25cm

東~西 14m25cm

と、とてもBigサイズです!!

 

普通は、丁張り工事をすると小さな家に見えますが、

この『わ』の家は、丁張り工事をしても、

とても大きく見えます!!(実際、とっても大きいです☆)

 

 

上棟祭の時には、とても迫力のある木組みが建ち上がります!!!

お楽しみに♪

 

 

丁張り工事を観に来た基礎工事をされる大西土砂さんが、

「いつ見ても、とても正確でしっかりした丁張りで、

工事がとてもやりやすいわい。」

と、言ってくれました。

 

基礎工事の模様もまた、ブログでご紹介しますので、

お楽しみに♪

 


2013年2月13日 22:56  CATEGORY : 『わ』の家(松山市T邸)  COMMENTS : (2) - TRACKBACKS : (0)

コメント

  • ブイチ より:

    丁張されているのを夜に見ました。何となく家の大きさや形が見えて、いよいよ始まるって感じです\(^o^)/暦の上では春が到来してますが、まだまだ寒いので大変ですけど、ヨロシクお願いしますm(_ _)m

  • 竹本建設&ムーミー より:

    ブイチ様

    コメントありがとうございます。

    丁張り工事を終えて、大きく感じるのは、本当に極稀で驚いています(^^)!!

    さて、
    もうすぐ!!いよいよ待ちに待った、バーナー焼き作業が始まりますね\(^o^)/

    竹本建設一同、上棟祭に向けて、
    春を通り越し、もはや 夏の気分で、燃えております!!!笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://takemoto-kensetsu.com/%e3%80%8e%e3%82%8f%e3%80%8f%e3%81%ae%e5%ae%b6%e6%9d%be%e5%b1%b1%e5%b8%82%ef%bd%94%e9%82%b8/%e3%80%8e%e3%82%8f%e3%80%8f%e3%81%ae%e5%ae%b6-%e4%b8%81%e5%bc%b5%e3%82%8a%e5%b7%a5%e4%ba%8b/trackback/