TAKEMOTO BLOG

3年前に建物が完成した、松山市『わ』の家

 

 

その後、外構とお庭もゆっくりと造りこみ、

いよいよ今年すべての工事が終わりました。

 

 

 

 

すべて完成した『わ』の家を、

写真撮影させて頂けましたので、ご紹介します。

 

 

 

 

緑が青々と茂り、ますます美しい佇まいとなった『わ』の家

 

 

 

 

以前のお家で使用していた敷石も組み入れたアプローチ。

白い敷石とのコントラストが美しい。

 

 

 

 

玄関庇には、あえて雨どいを付けず、

一文字瓦から、滴る雨を愉しめるようにしています。

 

 

 

 

落ちた雨水は、下の雨落としへ。

玉石が濡れることで、より一層美しくなります。

 

 

 

 

 

そして、広々とした玄関とホール。

家の木材(構造材)すべてにバーナー焼きを施した『わ』の家。

無垢の一枚板の玄関框と、手すりも同じくバーナー焼きを施し、

空間を引き締めつつ、無垢の肌触りがやさしい空間になっています。

 

 

 

 

そして、LDK。

 

 

 

 

廊下との仕切りの戸は、

ルーバーの羽を調節できる、通風建具。

目線を遮りつつ、空気を流すことができます。

 

 

 

 

部屋の真ん中に薪ストーブのデファイアントくんが居て、

家族を、家を温めてくれます。

 

 

 

 

早く寒くならないかと、冬を待ち望む『わ』の家のご家族さま。

火が恋しくなるんですよね(*^^*)

 

 

 

 

キッチンと薪ストーブの動線も良く、

薪ストーブクッキングもはかどります。

 

 

 

 

昼間と夜で、違った雰囲気を醸し出してくれるのが、

また、おもしろい*

 

 

 

 

愛犬のジオンとルークも、薪ストーブが大好きです*

 

 

 

 

そして、客間。

 

 

 

 

客間から、庭園がきれいに眺められます。

 

 

 

 

庭木の葉っぱが、さわさわ~っと揺れ、

風が目に見えるようで、とっても気持ちが良いので、

ぬれ縁やデッキに腰かけ、いつまででも日向ぼっこができます(*^^*)

 

 

 

 

そして、御手洗い。

手洗いカウンターと、収納扉も

杉の無垢板をバーナーで炙って磨き込みました。

 

 

親戚の方がよく集まる『わ』の家ですが、

姪っ子ちゃんにとって、ほっと落ち着くお気に入りの空間のようで、

「用はないけど、行ってくる~♪」と、

よく行くんですと話してくれました(*^^*)

 

 

 

そして、柱だけでなく、

バーナー焼きされた

梁や、母屋、束、棟木などの構造材が

あらわしで一望できる、2階。

 

 

 

 

木のぬくもりと、力強さが感じられます。

 

 

 

 

2階の一部屋は、卓球道場と化しています(*^^*)

 

 

 

 

T様

この度は、大掛かりな写真撮影にも関わらず、

こころよくご協力してくださり、本当にありがとうございました。

「ついに完成してしまったので、また何かせんとさみしいなぁ・・」

と、いつも工事が終わるのを寂しがって、

「竹ロス」だと言って下さる『わ』の家のご家族さま。

いつでもお声掛けしてくだされば、駆けつけます(*^^*)

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントフィード

トラックバックURL: http://takemoto-kensetsu.com/%e7%81%ab%e3%81%ae%e3%81%82%e3%82%8b%e7%94%9f%e6%b4%bb/%e3%80%8e%e3%82%8f%e3%80%8f%e3%81%ae%e5%ae%b6%e3%80%80%ef%bd%9e%e5%ae%8c%e6%88%90%e3%81%8b%e3%82%89%ef%bc%93%e5%b9%b4%ef%bd%9e/trackback/