TAKEMOTO BLOG

バーナー焼きの木目が美しい、

真壁仕上げの松山市『わ』の家に

もうすぐ、外壁材が打ち付けられます。

 

 

外壁材打ち付け後、

柱との境目は、雨が入らないようコーキングで塞がれますが、

防水性をさらに上げるため、

外壁材を張る前に、なおかつ

透湿防水シートと五寸柱の境目も

コーキングを充填しました。

 

 

外壁材と柱との境目のコーキングは、

雨風や太陽光が当たって経年劣化し、

コーキングの縁が切れて雨が侵入する恐れがあります。

 

 

そうした時のことを考えて、

透湿防水シートと五寸柱の境目も

コーキングを充填しました。

この部分は、雨風や太陽光が当たらないため、長持ちします。

 

さらに、その下にも、下地材があるため、

より一層、雨が入りにくくなっています。

 

 

 

ちょっとしたことのようですが、

これをしておくのと、しないのとでは、

後々、全然違ってくるのです。

 

 

当社では、

いつまでも、

気持ちよく、快適に暮らして頂けるように、

もうひと手間をかけた工事を行っております。

 


2013年5月21日 23:55  CATEGORY : 『わ』の家(松山市T邸)  COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://takemoto-kensetsu.com/%e3%80%8e%e3%82%8f%e3%80%8f%e3%81%ae%e5%ae%b6%e6%9d%be%e5%b1%b1%e5%b8%82%ef%bd%94%e9%82%b8/%e3%80%8e%e3%82%8f%e3%80%8f%e3%81%ae%e5%ae%b6%e3%80%80%e3%81%97%e3%81%a3%e3%81%8b%e3%82%8a%e3%81%a8%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e5%b7%a5%e4%ba%8b/trackback/